スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向山さんへの呼びかけ

 向山さんとは広島で学問仲間というより小説の同人だったので、おたがい肩書抜きで呼びかけることにしませんか?
 で、おたがい2008年前半から、覇権国家アメリカの衰退をアテナイとローマという古代の覇権国家の盛衰と照応させる手だてを考え始めましたね。内輪のやりとりだとついつい身辺雑記が入ってしまうので、ブログで再開ということになりました。
 覇権国家の意義は、世界史共通で、敵をなくして平和を招来したいという衝動、その希望が実現すれば、覇権が続くかぎり傘下の国々とその人民も、覇権国家からの差別と収奪にはさらされても戦争は小競り合い程度に納まる点にありますね。覇権国家が帝国内のもめごとに直ちに軍隊を派遣する警察行動に出るためです。
 ところで、覇権に民主主義が絡んだ最初がアテナイと言い切れるのかどうか不明ですが、覇権が権力の集大成とすれば、たとえ覇権国家内の自由民男性3万名に限定されたにもせよ、アテナイが周辺都市国家などに覇権を唱える上で、民主主義がどれだけ役立ったのか? つまり、覇権と民主主義という必ずしもすんなり合致しない二つの要素がアテナイにおいて合致した具体的なポイントから入りたいのですが。向山さんの、国際的に認知されたお説では、(1)上流層しか買えない高価な青銅甲冑から平民でも買える安価な皮革甲冑に代わって歩兵が増大、ファランクスが組めるようになったこと、(2)膨大な漕ぎ手が要る軍船、三段かい船(トライレース)による平民の戦闘参加増大、特にこの2点が覇権獲得と民主主義の拡大に貢献した、これについて話して頂けませんか?
 ちなみに、お答えと連動させたいのが、インターネットがアテナイの直接民主主義への復帰をある程度可能にしつつあるという説です。これと覇権を連結するなら、「われわれは誰もが統治できるのか?」ということになります。それならば、パックス・ロマーナ、パックス・ブリタニカ、パックス・アメリカーナは、極論すればパックス・プブリカへと無限拡大を遂げます。ところが、ネットには流言飛語が渦巻き、グーグルのトップ、エリック・シュミットですら、「信頼できるジャーナリズムは死んだ」と断定し、ネットは悪質情報の「掃き溜め」だと言う始末です。アテナイにもこの弊害は共存したと思います。つまりデモクラシーからモボクラシー(暴民政治)への瓦解です。
 以上が、最初の問い掛けとなります。私たちの問い掛けと回答は、古代史の「断片」を意味するステレと呼び、それに番号をつけて整理できればと思います。では、向山さん、最初のステレを投げてよこして下さい(09・9・24/木)。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。