スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

越智ステレ3

 アテナイ民主政創出の重要な契機となる、平民の戦闘ぶり、詳細がよく分かりました。

 さて、私のステレ1の最後に、折角アテナイ型の直接民主主義への回帰を可能にしてくれたインターネットが悪質な書き込みの掃きだめになっているというグーグルのトップの発言です。つまり、民主主義のモボクラシー(暴民政治)への瓦解ですね。

  09年10月6日夜出た、NHK/BS1「きょうの世界」で素材に使われたBBCの画像で典型的な場面に出くわしました。ただいまオバマ政権が国民皆保険法案を通過させるた めに共和党のなりふりかまわぬ潰し攻撃にさらされ、民主党のリベラルや中道派はいらだっています。

 トルーマンとクリントンは、病院・医師会、保険会社、製薬会社の猛反対で国民皆保険制度創出に挫折しました。1994年9月、ヒラリーの獅子奮迅の突撃が葬り去られたことはご記憶かと思います。1965年、ジョンスン大統領は、前年の公民権 法に次いで高齢者加盟のメディケア、低所得層加盟のメディケイドを通過させ、ヴェトナム戦争でしくじらなければ偉大な大統領としてあがめられたはずでした。しかし、上流層、そして働き盛りの中所得層などは高い掛け金を払って民間の保険に加盟 するしかありませんでした。従って、未加盟者は4600万人、このまま放置すれば2019年には未加盟者数が5400万人に達し、結局は国力の減退を加速します。 共和党や右派がなぜ国民皆保険に反対なのかは、それが<大きな政府>を招来するからです。「オバマはすでに倒産に瀕した銀行や証券会社、自動車メーカーなどに国 費をカンフル注射したうえに今度は健保か! 許せん!」 というわけです。そして やれ「政府の保険機構によって民間保険会社は潰される」、やれ「メディケア予算を 削って新保険へ回す(これは事実)から、高齢者は安楽死を選べと言われる(しかし全米最大の高齢者組織AARPはオバマ案に賛成)」、やれ「不法移民の保険コストまで 負担させられる」等々、歪曲した攻撃を繰り返しては国民を、惑わし、連邦下院での 通過を遅らせました。これはモボクラシーです。

 というわけで昨夜のBBC画像で、オバマが下院演説で「不法移民は対象外です」と言ったとたん、共和党のジョー・ウイルスン議員(サウスキャロライナ)がいきなり「ユアラ・ ライアー!」とわめいたのです。
オバマの背後に座ったバイデン副大統領、ナンシー・ペロシ下院議長の笑顔は一瞬にして驚愕の表情に変わり、暴言議員をにらみつけ、 副大統領は顔をしかめてうつむき、首を振りました。
ペロシ議長はまだ相手をにらみ つけたままです。それもそのはず、「ライアー呼ばわり」は、欧米では昔なら決闘に 繋がりました。しかしオバマは、まじめな表情のまま、「イッツ・ノット・トゥルー」とだけ答え ました。これに切れたのが、民主党の重鎮カーター元大統領で、夫人と同席の記者会 見で極めて遺憾と断言、「この国民の一部にはアフリカ系アメリカ人は大統領になってはならないという偏見がしみついた者がいる」と言い切ったのです。巷には、オバマの写真にヒトラーのちょび髯を描き込んだり、彼の顔を白く塗り変えたりしてデモするモボクラシーの輩もいます。

 つまり、オバマは以下のことを心得ていたのです。(1)人種差別がアメリカ史を 断層線として貫いて
おり、何か問題(今回は健保問題)が紛糾する度に断層線に振動が伝わり、何層倍にも増幅されてきたこと、(2)従って共和党や右派は、健保問題をこの断層線に接触させようとあらゆる汚い手口を駆使してきたこと、(3)カーターが無思慮にもみすみすその手に乗ってしまったこと。  共和党は待ってましたとばかり、「大統領の批判をする度に人種差別だと言われちゃめちゃくちゃでござりまするがな」(1994年11月、共和党に40年ぶりの上下両院支配をもたらし、その威力をバックにクリントンを痛めつけすぎて高転びに転んだニュート・ギングリッチ)、もっとモボクラシーの裏の仕組みを露呈したのが、アフリカ系の共和党全国委員長マイクル・スティールの以下の発言、「人種カードを切ってくるとは、民主党は後ろ暗い手を使って健保を処理する魂胆が見え見えだ」でしょう。  多民族社会アメリカでのモボクラシーの極致は、「人種カード」です。これを先に切ったほうが負けになります。だって人種差別発言は<ノンPC>として即刻処罰されますからね。ウイルスン議員の「ライアー」発言は、民主党側に健保を断層線へ接触させる誘いの手でした。カーターのみじめさに比べて、ギングリッチの上記の発言はぐんとしたたかです。これがカーターがうかうかと切った「人種カード」への切り返しで、この応酬のしぶとさこそ、 おバカな差別的白人には強さと映り、票が集まるのです。もっとしたたかなのは、黒人を共和党全国委員長に祭り上げて「人種カードを切るとは民主党は汚い」と言わせることです。スティールは、オバマにはユダに当たるでしょう。

 最後に、オバマは共和党と右派によるモボクラシー的攻撃をどういなしたか? 5つのテレビの日曜番組に出て、健保を差別と切り離し、最後にウイルスン議員をこう切ってすてました。「15分間だけ有名になりたければ、一番簡単な手口は誰かに対して無礼になることですよ」。みごとですねえ! ひょっとして、カーター発言も、 オバマの優秀なスタッフによるやらせで、共和党側の手口の逆手をとる高等戦術で、オバマがみごとに総仕上げをやったのか? 健保は今週にも上院財政委員会を通過、上院本会議ですったもんだのあげく、年内についに通過、法制化される見通しです。だって、民主党上院議員は現在61名、これは共和党による議事妨害演説を禁じる60名を越えているのですから。どうにか不況の拡大を押さえ込み、国民皆保険を成立させただけでもオバマ政権の浮揚力は高まります。モボクラシーに対するデモクラシーの勝利、彼の冷徹な状況判断力の精華です。

 ネットにあふれるモボクラシーもこのように辛抱強く対応し、悪質書き込み者に匿名性の中でも恥と自制の感覚を取り戻してもらうよう誘導するしかないでしょう。

 現在進行形のモボクラシー例なので長くなりました。では、向山さん、アテナイのモボクラシーの例を1つご紹介下さい(09/10/7)。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。