スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

越智道雄 ステレ5

 なるほど、二重底の民主政が<走る重装歩兵>と漕ぎ手たちとの機能と活躍の状況の違いに起因したこと、無境界の海洋に乗り出すことが当時の覇権国家への道だったlことは、陸封国家より、海洋国家だったイスパニアや大英帝国の覇権と重なりますね。ただ、どちらかというと陸封国家風のスパルタが最後に海洋国家のアテナイをペロポネソス戦争で破る背景など、他日、伺いたいものです。

 さて、足踏みしましたが、次の課題に進みましょう。

 向山さんは、ステレ2で、クレイステネスの「部族改革」に言及されましたね。血縁の4部族制を地縁の10部族に再編したわけですが、これとアテナイ民主政との関連を展開して頂けませんか?

 人類は、血縁のくびきを逃れ、地縁へと拡大しますが、その地縁にも窒息感を覚えました。ヨーロッパでは、教区(パリッシュ)が最小限の地縁体でしたね。世俗の権力者である領主の館、精神的権力の主である教会、そこのピュー(家族席)は事実上の戸籍でした。また、教会の墓地も強力な共同体意識の膠でした。後は住民の集落と農地、薪や家畜の飼料を得る入会地という構成です。ロビンスン・クルーソーは、船乗りになるべく親を残して教区を脱出するとき、「何か邪悪なものに突き動かされて」と軽い罪意識を抱きました。

 この教区を破壊したのは農地囲い込みの動きでしたが、これは蒸気機関、次いで内燃機関という、それまでは風力、水力、火力、家畜力、人力しか動力(パワー)を持たなかった人類が初めて魔力的パワーを入手、工場が乱立、そちらへ構成員を吸い取られ始めたからです。もはや、クルーソーのような罪意識もなく、人々は教区を離れていきました。しかし、彼らは集団的無意識の中では「何か邪悪なものに突き動かされて」いたわけですね。これが近代化という「欲望の大解放」でした。

 それはさておき、個人を血縁から地縁へと解放するダイナミズムは、当時の内燃機関に相当したかと思われます。これがどう民主政と結びつき、ひいてはアテナイの覇権へと繋がっていったのか?

 実はこれに響き合う合衆国側の地縁性があるのです。最初にヴァージニアへ入植したアングリカンたちは、主にイングランド南部から来たアングロサクスンでした。南部にはサセックスとかウェセックスなどの地名がありますが、これは南のサクスン、西のサクスンという意味です。この地域は最も遅くまで奴隷がいました。その彼らが、アメリカ南部に黒人奴隷を擁する大農園を造り、大西洋岸からメキシコ湾岸をテキサスまで展開、「沿岸南部」という地域文化圏を構成します。次にマサチューセッツに入植したピューリタンたちは、アングリカンへの造反分子で、主にイーストアングリアから来たデイン人でした。北欧人種ですね。このイーストアングリアの知的センターはケンブリッジでした。彼らは入植先で悲惨な魔女狩りから瘧が落ちたように目覚めると、アメリカの民主的理念を高々とかかげ、黒人奴隷制や女性差別との戦い、公民権運動、反戦運動、文化多元主義運動などに邁進していきます。彼らはほぼ同緯度で西進、サンフランシスコ以北まで展開しました。これを「北部帯地域文化圏」と呼びます。

 このようにイギリス本土のどこから入植したかで、文化はかなり違い、後3つ主な地域文化があります。そして大西洋側からの移民の上陸地点ニューヨーク、太平洋側の相似物ロサンジェルスを加えて、ざっと7つの地域文化圏があるという説があるのです。

 もっと驚くべきことは、例えばヨーロッパからの移民、ルーマニアからとしますか、彼らが北部帯に入植すれば、極めて理念的な文化に染まり、沿岸南部に入れば差別的な文化に染まり、ルーマニアの痕跡をそれらのイギリス始発の地域文化が凌駕してしまう傾向が強いことです。

 そして何よりも、西へと突き進んだ点では、どの文化圏も同じでした。このダイナミズムこそ、覇権国家へのドライヴ、すなわち「明白な運命」でした。ジョン・ギャストという画家の絵、「アメリカン・プログレス」では、白いヒマシオン(古代ギリシャの女性のドレス)を翻した巨大な女神が、小さな幌馬車隊や騎馬の西進者たちとともに歩んでいきます。この女神が、ニューヨークで移民たちを出迎える自由の女神の妹でないと誰が言い切れるでしょうか?

 むろん、この地域文化圏の傾向とクレイステネスの部族改革とはまるで異質かと思いますが、多少の照応は見られるかもしれません。その前提でたいへんお説の展開に興味を抱いております。ではどうかよろしく。(09/11/11)
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。